Rhino 7の新規搭載内容

Rhino 7は、私達の歴史の中で最も重要なアップグレードです。有機的な形状を作成できる SubDツール 、RhinoやGrasshopperをRevit®のアドオンとして実行できる Rhino.Inside.Revit 、NURBSジオメトリやメッシュから整った四角メッシュを作成できる堅牢な QuadRemesh アルゴリズムを新規に搭載し、まったく新しいモデリングワークフローを実現しました。また、多くの既存の機能に改良を加えました。 ハイライトをご覧ください…

SubD

有機的な形状を素早く探索する必要があるデザイナーにとって、SubDは、編集可能で高精度な形状を作成できる新しいジオメトリタイプです。他のジオメトリタイプとは異なり、SubDは迅速な編集とフリーフォームの精度を兼ねています。

SubD

Rhino.Inside.Revit

Rhino.Inside.Revitは、RhinoとGrasshopperの力をAutodesk Revit®の環境に統合します。

Rhino.Inside.Revit

QuadRemesh

既存のサーフェス、ソリッド、メッシュ、またはSubDから素早く四角メッシュを作成します。レンダリング、アニメーション、CFD、FEA、リバースエンジニアリングに最適です。

Rhino.Inside.Revit

プレゼンテーション

Rhino 7では、Rhinoのレンダリングエンジンを大幅にアップデートしてワークフローを合理化することでプレゼンテーションツールを改良しました。それにより、レイトレースビューポートで得られる外観を変更をまったく行う必要なくレンダリングできるようになりました。また、PBRマテリアルのサポート、LayerBookコマンドなどを追加しました。

Rhinoをより便利に

Rhino 7では、数多くのバグを修正しました。また、名前の付いた選択セット、金型作成ツール、刻印用のシングルラインフォントなどのワークフローの改善、サードパーティのファイル形式との相互運用性の向上なども行いました。

表示

最新のグラフィックスハードウェアにに対応できるように私共は常にRhinoの表示パイプラインを改良しています。Rhino 7では、WindowsとMacの両方でいくつかのモデルで表示が大幅に高速化されます。また、表示モードにもいくつかの改良を加えました。驚いていただけると思います。

Display

ドキュメンテーション

モデリングはデザインプロセスの単なる一部であり、モデルをどのようにして作成するのかを示すことも必要です。Rhino 7では、ドキュメンテーションのワークフローに多くの改良を加えました。透明やグラデーションのハッチングのようにグラフィカルな機能を強化したイラストレーションツールの搭載も行いました。

Grasshopper

ここ最近、Grasshopperをいろいろな場所でお使いいただいているケースを見ます。(他のアプリケーションでもお馴染みのキャンバスを見かけることがあるかもしれません)。Rhino 7では、いくつかの新しいコンポーネントを追加しました。また、プログラムをプラグインにするのを簡単にすることを可能にしました。

開発プラットフォーム

Rhino 7では、 APIの改良ドキュメンテーションの改善 、そして ジオメトリ開発のプラットフォーム の基盤を広げる新たな機能など、 無償のSDK に大幅な改良を加えました。

すべての新規搭載内容を見るには

上にないものも含めて、すべての新規搭載内容を見るには、ドキュメンテーションの Rhino 7での新規搭載内容 をご覧ください。

The Kitchen Sink