Rhino 6の動作環境

Rhinoは、下の環境の一般的なWindowsおよびMacのデスクトップやラップトップコンピュータで動作します。

Windows版Rhino 6

ハードウェア

  • 64ビットのIntelまたはAMDプロセッサ(ARMはサポートしていません。)
  • 63より多いCPUコアは対応外
  • 8GBのメモリ(RAM)またはそれ以上を推奨
  • 600MBのディスク空き容量
  • OpenGL 4.1対応のビデオカードを推奨、4GBのVRAMを推奨
  • スクロールホイールのある複数ボタンのマウスを推奨
  • SpaceNavigator をサポート

  • Appleのハードウェアは、Bootcampでサポートしています。

対応OS

  • Windows 10または8.1

下の理由でインターネット接続

  • ダウンロードおよびインストール
  • ライセンスのバリデーション
  • 下の理由でRhinoアカウント:
    • フォーラム でのテクニカルサポート
    • Cloud Zooによるライセンス管理

対応していないOS

  • Windows 8
  • Windows 7
  • Windows XP 64ビット
  • Windows Vista、NT、95、98、ME、2000
  • Windows 32ビット - すべてのバージョン
  • Linux
  • VMWare、Remote Desktop、Parallelsなどの仮想化システム

Mac版Rhino 6

ハードウェア

  • macOS MojaveにアップデートできるIntel Apple Mac
  • 8GBのメモリ(RAM)またはそれ以上を推奨
  • AMDのグラフィックスプロセッサを推奨
  • 2 GBのディスク空き容量
  • スクロールホイールのある複数ボタンのマウスを推奨
  • SpaceNavigator および SpaceMouse Wireless をサポート
  • デジタイザ(Faro、Microscribe)は サポートしていません

対応OS

  • macOS 11.3 (Big Sur)
  • macOS 10.15.7 (Catalina)
  • macOS 10.14.6 (Mojave)
  • macOS 10.13.6 (High Sierra)

下の理由でインターネット接続

  • ダウンロードおよびインストール
  • ライセンスのバリデーション
  • 下の理由でRhinoアカウント:
    • フォーラム でのテクニカルサポート
    • Cloud Zooによるライセンス管理

対応していないOS

  • ARMプロセッサ
  • VMWareやParallelsなどのmacOS上の仮想化システム

ユーザーの方からのアドバイス

私共では様々なハードウェアの組み合わせをすべてテストすることは不可能です。 こちら を見ていただくと、他のユーザーの方達がどのようなハードウェアの組み合わせを推奨しているのかをご覧になれます。

Rhino 7 | Rhino 5 | Rhino 4 の動作環境