光源のフォールオフ

数回のクリックで、視覚的に正しい照明を実現できます。レンダリングのプロは、現実世界の照明をシミュレートする必要があります。光源のフォールオフの設定を使用すると、距離によって光がどのように変化するかを模倣できます。その結果、影が柔らかくなり、オブジェクトは光源に近づくほど明るくなり、シーン全体が温かくなります。

以前と現在

以前は、光は一定に設定されていたため、強力で、非現実的でした。現在は、逆二乗のフォールオフ設定により、光が距離によって強度を変化させます。

試すには

  1. Windowsまたは Mac版の Rhino 7 Evaluation をダウンロードしてください。
  2. LightFalloff.3dm モデルをダウンロードして開きます。
  3. Perspective ビューポートの名前の横に表示されている矢印をクリックし、表示モードを レイトレース に変更します。この状態ではフォールオフは一定です。
  4. よりリアルになるように調整してみましょう。「SelLight」コマンドを実行して、シーン内の矩形光源を選択してください。
  5. オブジェクトのプロパティ パネルで、光源アイコンをクリックします。 フォールオフ の設定を 一定 から 逆二乗 に変更し、 強度 を高い値(例えば400)に設定します。
  6. レイトレース モードが更新されるのを待ちます。よりリアルな光源のフォールオフが確認できます。