印刷用表示3D印刷、ラピッドプロトタイピング、デジタルファブリケーション - Rhino 5での新規搭載内容

概要

Rhinoの開発プロジェクトは、マリンデザイナーに、造船所でのデジタル制御の製造(ファブリケーション)機器を操作するのに使用できる可能性があるコンピュータモデルを作成するツールを提供する目的で、約20年前に開始しました。

私共は、デザインは作成されて使う人の手に渡されて初めて役に立つという事実に焦点を置いて、開発を進めています。現在は、デジタルファブリケーションや3印刷のテクノロジのコストが急に下がってきており、より多くのデザイナーが、3Dデジタルファブリケーション機器に直接アクセスすることができるようになりました。

私共は、ファブリケーション、製造、または製作プロセスのすべてのプロではありません。しかし、Rhinoのモデルがこれらのプロセスのために十分正確であること、またデザインのすべてのプロセスで使用できることにすることが現実になることを確実にすることに焦点を置いています。

エキスパート(専門家)が集まるコミュニティ

私共はエキスパートではありませんが、エキスパートの方達が集まるコミュニティがあります。こちらをご覧ください:

  • RhinoFabStudio - 多くの異なるデジタルファブリケーション技術のエキスパートの方達を探して頂けます。また、多くの様々なデジタルファブリケーションツールや技術のトレーニングやコンサルティングを提供する設備を整えている認定RhinoFabStudioも探して頂けます。
  • Generative Jewelry Design - デジタルジュエリーファブリケーションのエキスパート、特に新しい形状を探索するのにジェネレーティブアルゴリズムを使っておられる方達を探して頂けます。
  • Generative Furniture Design - デジタル家具ファブリケーションのエキスパート、特に新しい形状を探索するのにジェネレーティブアルゴリズムを使っておられる方達を探して頂けます。

サードパーティファブリケーションプラグイン、ハードウェア、サービス(Windowsのみ)

専門的なサードパーティプラグインやハードウェアの開発、サービス業者による新しい革新的な3Dファブリケーションツールが常に紹介されています。ハードウェアの価格は急激に下がってきています。こちらをご覧ください:

サードパーティプラグイン、ハードウェア、サービス業者の方で、製品が上に掲載されていない場合は、どうぞ詳細をこちらに掲載してください...